The GROUND Hous

無料相談

【築30年のリフォーム施工事例】都会の隠れ家のような家で、暮らしを楽しむ

正面写真

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、築30年の木造戸建てリフォームをご紹介したいと思います。

  • 30年以上の戸建てでもリフォームできるの?
  • ボロボロだった内観は、本当にキレイになるの?
  • 古い戸建てを手放そうか考えている・・・

このような、疑問や悩みを解決できるリフォームの施工事例をお伝えしたいと思います。

築30年でもリフォームで戸建ては生まれ変わる

さっそく、リフォーム後の写真を見ていただきましょう。

もっと詳しく施工事例の写真を見ててみたい場合は、こちらをご覧ください。

①外観のビフォーアフター

ビフォーアフター ビフォーアフター

外壁を全面塗り替えて、正面の玄関口も新設しています。

正面の意匠には、レッドシダーを建具に合わせてボーダーラインに施工しています。

レッドシダー材は腐食に強く、経年経過で色合いにも味が出るのが特徴です。

②キッチンのビフォーアフター

キッチンビフォーアフター

キッチンのレイアウトを変え、収納力の高いシステムキッチンを導入しました。

③トイレのビフォーアフター

トイレビフォーアフター

トイレは清潔感の高いユニットをセレクト。

小窓を施工して、圧迫感を感じないように施工しています。

④お風呂のビフォーアフター

お風呂ビフォーアフター

足をゆっくりと伸ばせる広々としたユニットバスを施工しました。

④和室・洋室のビフォーアフター

和室ビフォーアフター

収納ビフォーアフター

押し入れしか収納できなかった居室に、可動式の棚、大容量のクローゼットを施工しています。

⑤階段のビフォーアフター

階段ビフォーアフター

勾配が急で2階にアクセスしにくかった階段を掛け直しています。

居住者の方が将来的に後から、手すりの取り付けが出来るようにも施工をしています。

⑥玄関口のビフォーアフター

玄関口のビフォーアフター

玄関口アフター

玄関には限られたスペースを活用するため、靴収納用の小さなニッチを造作しています。

築30年。木造戸建てリフォームで注力した3つのポイント

今回のリフォームで特に注力したのは以下の3つです。

  • 外壁の劣化
  • 雨漏り対策
  • 勾配の急な階段

居住者の方の不便にならないようリフォームで心がけたポイントを解説します。

①外壁の塗装で、雨漏り浸水を防ぐ

外壁塗装

築30年以上たった外壁は、至る所にひび割れが見受けられました。
大雨などが続く季節によっては、雨漏りの原因にもなるため足場架設したあと念入りに外壁塗装を行いました。

②金属板に葺き替え。強風でも耐えられるように軽量化

屋根の葺き替え

近年の台風などの強風で屋根の一部が欠損しないように、軽くて丈夫な金属板で葺き替えを行いました。

③勾配の急な階段を掛け直し。2階へのアクセスのしやすさを改善

階段の掛け直し

勾配が急だった階段は、昇降がしやすくなるようにかけ替えを行いました。

階段の段数を調節したことで、2階へのアクセスのしやすさが改善されました。

戸建てリフォーム、耐震診断のご相談はこちらから

いかがでしたでしょうか?

築30年の戸建てのビフォーアフターをご紹介しました。

物件の資産価値を向上させるための施策として、リフォームは有効的な手段となります。

耐震性診断からリフォームまでをワンストップでご案内する、地盤適合耐震住宅について無料でご相談を承っています。

自宅からオンラインでご相談もできるので、ご利用くださいませ。

家づくりのオンライン相談