The GROUND Hous

無料相談

郊外モデルのポイント!性能その1:住環境の良さと環境保全に配慮した家づくり

こんにちは。

今回は、現在建設中の郊外(飯能)モデルハウスのポイントを

ご紹介するシリーズ第1回目です。

 

今回は、郊外の飯能エリアの特徴でもある、豊かな自然を

最大限に利用した、環境にも優しい住宅プランニングについてご紹介します。

飯能モデルの立地は、西武線 飯能駅から平坦な道を歩くと10分の、入間川バーベキュー場の近くにあります。

入間川はとてもきれいな川で、美しく整備されていて、浸水や氾濫の心配はほとんどありません。

川に沿った木々や、川面からの風などをたのしむことができます。

 

今回のプランニングは、入間川の借景を生かすため、居室、窓の配置、視線の向きを考慮して配置したプランになります。

また、夏の暑い時期でも、快適に過ごせるよう、風の導線計画を取り入れ、入間川に吹く涼風を取り込みます。さらに、渓流の音を取り込めるお風呂、デッキの配置をプランニングしました。

 

この素晴らしい自然資源を、守るため、持続的に活用できるための取り組みとして、省エネの計画もばっちりです。

・TESLA蓄電池、太陽光を利用した、自家発電システム

・環境にやさしいバイオエタノール暖炉による暖房計画

・軒、袖壁を利用した、夏季の太陽光カット、自然彩風による冷房効果考慮

 

停電など起こったときにも、これなら安心ですね。

 

飯能モデルは、来春(2022年)に完成予定です。

自然に囲まれて広々した豊かな生活を過ごしたい方は

お気軽にご相談ください。

https://groundhous.com/contact/